【プチエロ小説・SM】乳首を摘みながらおっぱいを激しく揉む おっぱいが取れてしまうんじゃないかと思うぐらいに:チラ見(ガン見)してしまう美女・お姉さん・人妻・外人さんのイキ顔・巨乳・美乳・貧乳・微乳・おっぱい・乳首・お尻・下着姿等で抜けるエロ画像をご紹介するブログ

【プチエロ小説・SM】乳首を摘みながらおっぱいを激しく揉む おっぱいが取れてしまうんじゃないかと思うぐらいに:チラ見(ガン見)してしまう美女・お姉さん・人妻・外人さんのイキ顔・巨乳・美乳・貧乳・微乳・おっぱい・乳首・お尻・下着姿等で抜けるエロ画像をご紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プチエロ小説・SM】乳首を摘みながらおっぱいを激しく揉む おっぱいが取れてしまうんじゃないかと思うぐらいに

sm2

私は先輩に愛されレイプみたいにされていると思うと凄く嬉しく

益々感じてしまう

私は歓喜の坂を登りつめながら

(先輩は私の名前で呼んでくれた)と思うと嬉しくて

私の中から愛蜜が溢れてくる

私よりも先に調教されてきた久美子さんと同じように..と思うと


今までの私は性的には無知で大人しく何事も控えめだったのに

でも今ここにいる私はM女性になっていた

私はそんな自分に驚きつつも 可愛く愛しくて もっと激しく突いて欲しくって

その誇りにも似た喜びと性の歓喜とが混ざり合って

気持が高ぶっていく

先輩の手がまた両方の乳首を弄る 手のひらでゆっくりと触れるか触れないかぐらいに

乳首を突然強く摘まれた

最初は激しい痛みが走ったが 乳首がジンジンしてくるとそれが何故か快感に...

乳首を摘みながらおっぱいを激しく揉む おっぱいが取れてしまうんじゃないかと思うぐらいに

呼吸が乱れてくる


久美子おいで 四つん這いなって純子と並んでごらん


久美子さんは横たわりながらイった後

私と先輩の行為を自分の乳首を弄りオナニーしながら熱い目で見ていたが

先輩に言われ嬉しそうに豊満な肉体を私にピタリと付けて並んだ



続きは股明日

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mk947box.blog.fc2.com/tb.php/703-6842beea

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。