【プチエロ小説・サークル】プックリとした花弁を掻き分けて指が上へ 下へと行き来する:チラ見(ガン見)してしまう美女・お姉さん・人妻・外人さんのイキ顔・巨乳・美乳・貧乳・微乳・おっぱい・乳首・お尻・下着姿等で抜けるエロ画像をご紹介するブログ

【プチエロ小説・サークル】プックリとした花弁を掻き分けて指が上へ 下へと行き来する

さーくる4


「ぁん…ぁん…だめです…先輩…だめ…」

私は身体をビクンビクンさせながら とにかくそう繰り返していた

先輩達は

「だめじゃないでしょ」

「かわいい声出ちゃってるよ」

おっぱいすごく感じるんだね」

「ユキちゃんのおっぱいおいしいよ」

とにかく恥ずかしいことをたくさん言ってきた 

その時 私のあそこを触っていた先輩が
パンティーの横から指を…

私の局部は充血していて濡れ濡れになっていた
プックリとした花弁を掻き分けて指が上へ 下へと行き来する

「んはぁっ...はぁっ...んぁ....ぁん...」

体をよじって逃げようとするが両足を抑えられてそれも出来ない
両方の乳首は二人の先輩におっぱいを揉まれながら舐められ続ける
体全体を抑えられ自由が利かずそれが行き場のない快感が体中を駆け巡る
まるで体の中で増幅されるように体の芯が熱くなる
指が花弁を掻き分けてクリトリスへ...

「あっあぁぁん...ぁん...あっあっぁぁああ...」

押されていた喘ぎ声がだんだん大きく...

「すごく濡れている... もう びしゃびしゃだよ...」

「っやぁ...」

恥ずかしくなればなるほど 愛液が溢れるのが自分でも分かるもうだめだ 抑えきれない

キスも自分から求め舌を絡める 先輩と自分の唾液が交じり合う
気が付くとおっぱい乳首を舐めている二人の先輩の内太ももをひたすら撫でていた

「これでしょ...」

一人の先輩が私の手を取り自分の男根に導く
その男根はスウェットの上からでも判るほど勃起していてすごく熱く硬かった
私は必死にその男根を撫でまわし握りしめ しごいた

「すごいよ...気持ちいいよ...ユキちゃん 上手だね...」

先輩はスウェットとパンツを下ろして男根を出した

トラックバック

http://mk947box.blog.fc2.com/tb.php/965-e95a8a35

Powered By 画RSS