【プチエロ小説・サークル】:チラ見(ガン見)してしまう美女・お姉さん・人妻・外人さんのイキ顔・巨乳・美乳・貧乳・微乳・おっぱい・乳首・お尻・下着姿等で抜けるエロ画像をご紹介するブログ

【プチエロ小説・サークル】:チラ見(ガン見)してしまう美女・お姉さん・人妻・外人さんのイキ顔・巨乳・美乳・貧乳・微乳・おっぱい・乳首・お尻・下着姿等で抜けるエロ画像をご紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プチエロ小説・サークル】

さーくる5


直に男根を出されて少し引いてしまったが
私の手を取り自分の男根へあてがう
恐る恐る男根を根元から先まで指で撫でてみる
先輩の先は我慢汁で濡れていてヌルヌルしていた

(うあ~) と思ったがそのまま握り しごいて 親指の腹で先を撫でた

「ち ちょ ちょっと ユキちゃん...駄目だよ...で 出ちゃうよ...」

先輩は腰を自ら動かしながら私の乳首を激しく指でこねくり回す

「えっ お おいおい ちょっと...」 部長が射精した先輩を見てびっくりする

「ユキちゃん 凄いね テクニシャンだったんだ... 俺も頼むよ...」

「何言ってるんですか部長 そんな事...」

言い切る前に部長の舌が私の口を塞ぐ
射精した先輩は隣で横になり私の手と自分のを拭いている

片方のおっぱいが開いたので 普段やさしい先輩が片方の乳首を舐め続け
もう片方の乳首を指でコリコリと転がす

部長はキスを止め上から私を見ながら髪を撫でて「今 凄く綺麗だよ...」と言いながら
私の髪をやさしく撫でる それが少し心地よくさせた

「ふっ はぁっあっあぁ~~」

突然クリトリスを刺激していた指が中に入る

「もっもうだめですよ...あっ あっ あふぅ...あ...おっおかしくなっちゃう....」

止めようとする手を部長が押さえ 先輩は私の中をかき回す
入口から奥まで... 何度も何度も
息をしたくても部長のキスが続く 酸欠の様な意識がもうろうとする様な

「っはぁっ っはぁっ んぁ ぁん...」

やっと息できるが体の中を駆け巡る刺激が呼吸を困難にさせる
もう抵抗が出来ない なすがままに...


トラックバック

http://mk947box.blog.fc2.com/tb.php/966-faba797f

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。